お尻ニキビを撃退する簡単な方法

顔や背中ニキビはパッと見てすぐに分かってしましますが、お尻ニキビは普段は見えないところではありますが、水着を着る季節になる頃にはお尻ニキビを撃退しておきたいものですが、お尻のニキビやブツブツ・黒ずみはなぜできるのでしょうか?

 

●お尻のニキビやブツブツには沢山の原因がある

 

1・座ることで起こる圧迫や摩擦・黒ずみ

 

長時間イスに座って作業をすることで、お尻自体に圧迫を加えることになり、どうしてもお尻自体に負担がかかってしまいます。

 

下着の締め付けで圧迫されたり布地肌がこすれることにより、お肌にもお尻にも負担がかかり肌が黒ずんできます。

 

2・汗とムレ

 

お尻は下着で包まれているので汗が発散されにくく、どうしてもムレてしまいます。そのムレのせいで雑菌が繁殖しやすくなりお尻ニキビができやすくなります。

 

3・角質が硬くなっている

 

お尻は元々冷えやすい部分ですし、皮脂の量も少ないのですが、冷えやすいことで代謝も悪くなり古い角質が溜まりやすくなることで、ニキビができやすくなります。

 

●お尻ニキビ撃退方法

 

1・締め付けのキツイ下着は控える

 

女性はスタイルアップのために、ガードルなどの補正下着を履くこともありますが、お尻ニキビを撃退するためには血行促進が大切です。

 

座る時も柔らかいクッションを敷いて座ったり、通気性の良い下着(綿製のものなど)を使うなど工夫をしてみましょう。

 

2・お尻をゴシゴシ洗わない

 

お尻のざらつきなどが気になり、強めにこすってしまうかもしれませんが、ニキビは刺激を与えないのが一番ですので、なるべく柔らかい素材のもので洗うようにしましょう。

 

3・生活習慣を改善する

 

ミネラルやビタミン・ビタミンCの豊富な野菜を食べ、適度な運動・十分な睡眠を取り、下半身をなるべく冷やさないように気をつけて生活をすることも大切です。

お尻にきび対策に必要な事

 

お尻にきびはデスクワークの場合に特に治りにくいものであり、椅子とお尻の圧迫する刺激や衣類との摩擦や蒸れでニキビが悪化しやすい条件が整ってしまいます。

 

お尻にきびは勝手に潰れてしまっている事も多く、特に炎症が起こるようなニキビが出来て潰れた時は色素沈着等の跡残りも起こりますし、出来た時はすぐに対策したいものです。

 

まずニキビを作らない事が望ましいですし、お尻が出来る時には食生活や睡眠等の生活習慣を見直すと治りやすくなり、この個所にニキビが出来る時は生活リズムが崩れてホルモンバランスも一緒に崩れるという例が多いです。

 

他にも衣類を清潔にしたり、蒸れを防いで汗を拭きとったり、デスクワークの方でスタンディングデスクに変更出来る場合はニキビが治るまでは立ちながら仕事をする事は効果的です。

 

外部からは洗浄時に摩擦を起こさない事が必要で、泡立ちを良くして泡で包んで洗う事や、風呂あがりに保湿作業を行う事はお尻にきび対策として効果的です。

 

睡眠リズムが崩れるとホルモンバランスが崩れて皮脂分泌も過剰になりますから、ぐっすりと睡眠をとって、食事も油ものを減らして腸の調子を整えていくと良いでしょう。

 

こうした生活習慣を整えたりスキンケアを行う事でお尻にきびを防いだり治りを早める事が出来ます。

お尻にきびにはとにかく保湿

 

昔、学生の頃などは、お尻ニキビができたこともあったとは思うのですが。

 

ここ最近は、ずっと悩みなくきております。

 

普段私が気をつけていることは、「とにかく保湿」です。

 

体は、ボディーソープを泡立てたら、手で洗っています。

 

最近のボディーソープのCMはほとんど手や柔らかい丸いボディータオルで優しく洗っているではないですか、ザラザラしたボディータオルでゴシゴシしっかり洗うのは、美容業界ではもう有り得ない話です。

 

泡で優しく洗ったあとは、お風呂から上がってしっかりボディークリームやローション、オイルなどで全身しっとりさせます。

 

多くの人は、体がベタベタするのを苦手としますが、私は「肌に一番良くないのは乾燥」ということを調べて知ってから、肌がしっとり、軽くペタペタするくらいのが心地良くて、肌の表面がサラサラし出すと不安ですぐ保湿してしまうくらいです。

 

ニキビの原因が乾燥。

 

という言葉を聞いたことはないですか?

 

原因は人それぞれで乾燥だけとは言い切れないのですが、ニキビができるメカニズムを勉強すると、自分の体に起きていることがどうゆうことなのか、少し分かりますよ。

 

なぜこれを勧めるのか、なぜこれはダメなのか、なぜこうなるのかを考えてみるといいと思います。

お尻にきびの対処法について

 

お尻にきび、という言葉を皆様はご存知でしょうか。

 

にきびは通常顔のおでこや頬、そして鼻などに出来るものですが、このにきびがお尻に出来てしまった場合、これをお尻にきびと呼ぶのです。

 

お尻にきびはにきびが特に出来やすい思春期の中学生や高校生に多いとされていますが、成人後に大人になってからもお尻にきびが出来る人も少なくありません。

 

成人後のお尻にきびは症状が悪化してしまうケースも多く、酷い場合にはにきびの膿を抜く手術となってしまう場合もありますので、お尻にきびが出来た場合には放置せずにきちんとお尻にきび専用の対策製品を使用してお尻にきびに対処していく必要があります。

 

お尻にきびに対処するお尻にきび対策製品は数多く販売されていますが、現在ではインターネットで購入する事が出来るお尻にきび対策製品が特に人気となっています。
インターネットのサイトで購入する事が出来るお尻にきび製品はお尻にきびが出来る原因を元から断つ事にアプローチしたお尻にきび対策製品も多く、お尻にきびの再発を防ぐ効果があると言われています。

 

お尻にきびはにきびが出来る場所がお尻である為、痛みが酷い時には椅子にも座る事が出来なくなるなど、やっかいな症状ですので早めの対処をおすすめします。